全国童話人協会

 全国童話人協会(略称 全童)は、「日本のアンデルセン」と呼ばれる久留島武彦先生の主唱によって昭和27(1952)年に設立された団体です。

 「次代を担う子どもたちの夢と希望を育む久留島精神」を広める口演童話をはじめ、幅広い児童文化活動の創造と研究及び普及に努力するとともに、また、童話人としての文化活動をする人の育成に努めています。

(映像提供 久留島武彦記念館)


京都総会開催

6月5日・6日にルビノ京都堀川ならびに嵐山法輪寺にて、会員・賛助会員など32名の参加で開催しました。

 詳細は、7月20日発行予定の全童通信でお知らせします。

 なお次回は、令和5年6月4日・5日、東京での開催を予定しています。(2022.6.14)

 




事業

・会報の発行

 「全童通信」を年4回発行し、会員の情報交換・研修を深めています。

・総会、大会

 春に総会、秋に大会と年2回の会合を開き、研修と口演童話の普及に努めています。

・その他

全童会旗

昭和30年、八咫烏を記章と決められました。

日本最初の語りである「古事記」に出てきます。

 また、子どもたちのよい先導者としての、童話を語る人でありたいという願いが込められています。

お知らせ

(R4.6.14更新 )

 ☆全童70周年記念誌は、    6月5日の総会で、会員に無償配布しました。

 総会欠席者ならびに賛助会員には、6月13日迄に発送を終えました。無償配布です。

 原稿をありがとうございました。会員の様子、お話台本、紙芝居・ペープサート・パネルシアターなどの参考資料も掲載されています。

         (事務局)

 

 

 





・久留島武彦について

 

 

 

・出村孝雄の童話について